Last modified: Tue Jul 11 22:38:32 JST 2017

[介護関係情報に戻る]  [知恵ノートのトップに戻る]

第30回(平成29年度)介護福祉士国家試験受験のヒント

平成29年度、すなわち2017年夏に受験を申し込み、2018年1月末に国家試験が行われる、第30回介護福祉士国家試験受験のヒントとなる情報です。

注意:実務経験ルートに関してまとめています。

受験の概要

社会福祉振興・試験センターの試験概要によれば、

受験申し込み手続き

社会福祉振興・試験センターの受験申し込み手続きによれば、
『受験の手引』の請求
こちらのホームページから請求できます。早めに申し込みましょう!
受験申込書の受付期間
平成29年8月9日(水曜日)から9月8日(金曜日)まで(消印有効)
試験日
筆記試験 平成30年1月28日(日曜日)

昨年の情報に基づく推測情報

最終確定するのは6月の初旬の『受験の手引』が発送される時です。

こちらも昨年の情報になりますが、意欲のある方は以下も参考にご覧ください。

推測情報はここまで。


試験地

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

試験が行われない県

要するに、以下が試験が実施されない県です。

茨城、栃木、富山、福井、石川、山梨、長野、三重、滋賀、奈良、山口、徳島、佐賀

首都圏とされている一都六県ですら、茨城と栃木が揃って試験会場無しというのが感慨深いですね。全国的には、前日泊しないと受験が無理な地域の人も大勢いるでしょう。ホテル代を浮かそうと早朝から遠路はるばる車で来た結果、試験会場で眠さと運転疲れで集中できず、となったらかえって損です。

都内の試験会場では、キャリーバックを引いて会場に来ている人もいました。どのみち宿泊するなら帰りがけに買い物や用事を済ます目的で、少し遠方だがあえて東京での受験を選ぶという手もありますね。

登録料

社会福祉振興・試験センターのよくあるご質問の「Q5: 新規登録に要する費用を教えてください。」によれば、

登録免許税と登録手数料の額登録免許税(収入印紙)登録手数料
介護福祉士9,000円3,320円

また、前述のよくあるご質問によれば、

登録をしないと…介護福祉士…の名称を使用することはできません
とあります。

試験勉強用の書籍とアプリ

介護福祉士受験対策用のテキスト・アプリ比較をご覧ください。


[介護関係情報に戻る]  [知恵ノートのトップに戻る]